人との距離感

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0721

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.07.21

人との距離感



人生の幸福度は、その人を取り巻く人間関係次第で大きく変わります。

周りに大好きな人達がたくさんいてくれて、個々自立しながらもお互いを大切に思えるようであれば「幸せ」だと感じると思います。
逆に、周りには苦手な人ばかりで、近い人達とは「依存」または「無関心」の関係だとしたら、心はとても寂しく「幸せ」とは感じられないと思います。

それ程「幸せ」に大きく影響する「人間関係」

今回は自分を取り巻く人間関係についてちょっと振り返ってみましょう。

仕事、学校、友人、家族・・・
日々出会う人達が自分にとってどんな存在か?

どの人も自分にとって「学び」「成長」「癒し」「共感」など、何らかの意味があって出会った存在です。

例え集団の中の一人であったとしても、基本的な人間関係は1対1と考えます。
そして「存在意義」と「その相手との距離感」は一人一人違うものです。

あなたにとっての相手の「存在意義」がある様に、相手にとってもあなたの「存在意義」があります。
同じ様に「距離感」も一人一人全く違います。

ある人にとっては何もかも話してしょっちゅう会っている状態が心地よくても
ある人にとって、それはとても居心地が悪く、相手が元気なのがわかれば連絡を取るのは時々の方がいい人もいます。

「人によって心地よい距離感は違う」ということを忘れてしまうことが人間関係のストレスの原因になってしまうことは多々あります。

「淋しい心」を持った「私」は、ずっと「誰か」を切望していた。
やっと出会った淋しい心を持った「誰か」
最初は嬉しかったが、そのうち前よりもっと「淋しく」なってしまう。

・・・昔読んだお話です。
題名も覚えていませんが、読み終わった時の切なさは心に残っています。

この本の様に、「淋しい心」を埋めようとして出会った人は
やっぱり「淋しい心」を持っている人。

誰かに埋めてもらいたいと思って何人もの人と出会ったとしても「淋しい心」は埋まりません。

「淋しい心」を自分で癒してあげて、「一人でも楽しめる自分」になることで、同じ様に自立した心の持ち主と出会い
ちょうど良い「距離感」を保って「心地よい関係」を築けるのではないかと思います。


淋しい心を「埋めるため」ではなく未来に向けて「発展していく」付き合いをするためにも
「相手の存在意義」と「相手にとっての自分の存在意義」を把握し、自立した心で「適度な距離感」を持って付き合う意識は大切です。

「距離」が「離れた時」は意外と敏感にわかるものですが
「近付き過ぎた時」はわかりずらいものです。

お互いにとってその「近さ」がプラスに働く場合はもちろん何の問題もありませんが
「依存」「執着」になってしまうとマイナスに働いてしまいます。

そんな時は「一人でも楽しめる自分」かどうか、「依存」してないかどうか
ちょっと振り返ってみて下さい。

人は一人では生きていけないし、多くの人に助けられているお陰で「今」があります。
時には人に甘えることも必要ですし、甘えさせてあげることもあるでしょう。

でも、もしも満たされない「淋しい心」を自分の中に見付けたら、
その淋しさの原因は「相手」ではなく「自分」にあることを自覚しましょう。

「一人でも楽しめる自分」でいること
「相手との距離感」を見直すこと

この2点を頭に置いて軌道修正することでお互いにとって更に良い関係を築けたり、本当に自分にとって必要な人がわかったりします。

「一人でも楽しめる自分」になるためには意識的に「一人の時間」をつくりましょう。

精神面では「自分を受け入れ、認める」ということも挙げられますが
行動面では「一人の時間をつくる」ことが有効です。

常に手帳の予定をいっぱいにしておかないと落ち着かなかったり、一人でいると耐えられずにすぐテレビをつけてしまったり・・

こんな状態の場合「一人で楽しめる自分」とは対極にあります。

人は「慣れる」性質があるので、最初はちょっと心細かったり、落ち着かなかったりしても
「一人」の時間を意識的につくることで「慣れて」いきます。

・人との予定を入れない日をつくる
・自分の好きなことを見付ける
・一人で入ったことのないお店に入ってみる
・誰にも邪魔されず好きなことに没頭出来る時間をつくる
・一人の時にテレビをつけない時間をつくる
・単独で新しいコミュニティに入ってみる

この様に、完全に自分の意思で決定・行動できる時間をつくりましょう。

「人と一緒でなければ・・」という恐れがあった場合、「一人」の経験を実際に積むことでその恐れは薄れていきますし
「一人で楽しめること」を持つことで「人への依存」が弱まります。

また「自分の時間」を大切に出来る人は「相手の時間」も大切に出来る人です。
「一人で楽しめる自分」になることで、自然に「心地よい距離感」を取れる様になっていきます。



今まで出会った人
これから出会う人

その一つ一つの出会いを宝石を磨く様に大切に輝かせることで「幸せ」と感じる瞬間はどんどん増えていきます。

心地よい「人との距離感」を意識して、出会う人達との素敵な関係を築いて下さいね♪


赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前