体への労い

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0718

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.07.18

体へのねぎらい



人から認められたり、「ありがとう」って感謝されたりすると嬉しいし、もっと頑張りたいって思います。

疲れている時に「お疲れ様」と飴玉一つもらっただけでもちょっと元気が出ます。

「自分」がされて嬉しかったことを「人」にもしてあげよう。
とは思っても

「自分」がされて嬉しかったことを「自分(の体)」にもしてあげよう。
と思う方は少ないかも・・。

でも、実は「自分」がされて嬉しいことは「自分の体」も嬉しかったりします。

「体」は「自分のもの」だからどう扱っても構わないかと言うと、そうではありません。
死ぬまでお世話になる「体」は「自分の」であっても、やはり粗末に扱うべきではないのです。

人は「認められて」「感謝される」様な状況だと幸せな気持ちで伸び伸びと実力を発揮できます。
逆に「認められず」「感謝もされない」状況だとすっかりやる気をなくして実力も発揮できません。

これは「体」にも当てはまります。

いつも「ここがダメ」「あそこが気に食わない」と文句ばかり言われて(思われて)たら、体の細胞たちも
「だめなんだ・・」「頑張っても全然認めてくれない」と拗ねて(!?)しまいます。

でも、「いつも動いてくれてありがとう」「今日もお疲れ様」と感謝して労う(ねぎらう)ことを忘れなければ、細胞たちも喜んで頑張ってくれます。


いつも疲れがとれなかったり、不調な状態が続く、または見た目が気に食わない・・など
普段から「体」に対して不満を持つ方こそ「体への労い」を忘れないで欲しいのです。

よく、恋人が出来て「綺麗」と言われてると、どんどん「綺麗」になる・・という話を聞きますが、
「体」も「感謝」と「労い」の言葉をかけてあげると、どんどん良い状態になります。

・「今日も一日、目が見えてくれてありがとう」
・「今日は大変だったね。動いてくれてありがとう」
・「一日頑張ったからゆっくり休んでね」
という労いの言葉や

・「いつも髪に艶があるね。ありがとう」
・「暖かい言葉を発してくれてありがとう」
・「いつも綺麗でいてくれてありがとう」
などの願望まで・・(笑)

一人の時間にゆっくり「体への労い」をしてあげることで、翌日も「体」は頑張ってくれます。

ず~っと付き合う「自分の体」を大切にしてあげる・・

この「自分を大切にする」という意識はオーラの輝きにも影響します。

「自分」を粗末にしてしまうと、どうしてもオーラの輝きもくすんでしまいます。
そのため、人から見ると「自分を大切にしていない人」はどこかくすんだ印象を与えてしまうのです。

「自分を大切にしている人」はしっかりそれがオーラの輝きになって表れるのでわかります。

「体への労い」におススメの時間は寝る前の歯磨きをした後です。

一日が終わり、眠りにつく前に鏡の前で頭から爪先まで順に「労い」と「感謝」の意識を向けます。
この時私は頭から順に手を触れながら意識を向けますが、自分がやりやすいどんな方法でもOKです。

「労い」の気持ちを行動で示すためにマッサージをするのもおススメです。

一日の終わりに軽いストレッチとマッサージをしてほぐしてあげて下さい。

特に「足の裏」は「大地の気」を呼吸の様に吸ったり吐いたりする大事な場所なので
お風呂では念入りに洗って綺麗にし、寝る前には揉んで柔らかくほぐすことが大切です。

他にもふくらはぎをさすったり、首の後ろを揉んだり・・

少しの時間でも良いので、寝る前のストレッチとマッサージを習慣にすると
「体」が喜んでどんどん調子が良くなりますよ♪
ぜひ「労う」ことで、いつも頑張ってくれているあなたの「体」を喜ばせてあげて下さいね♪


赤井理香(あかいりか)

著者プロフィール

akairika
akairika
ココロスッキリ専門家
赤井 理香 (あかい りか)

『はじめよう!おうちサロン』『「最高の自分」を引き寄せる! 幸運手帳術』著者


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前