家に感謝

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0702

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.07.02

家に感謝


当たり前のように毎日帰って来て、眠り、また翌日出て行く。

そんな「家」

アパート、マンション、一軒家・・
実家暮らし、賃貸住まい、一人暮らし、寮・・
色々な形態の住まいがありますが、その住まいにちゃんと感謝出来ている人は意外と少ない気がします。

「狭くてすぐ散らかる。」
「古い家だから使いづらくて・・。」
「早くこんな家から引っ越したい。」

時々ふとした会話の中でもこんな声を聞くことがあります。


物や住まいなど、意識がないと思われているものに感謝することは無駄でしょうか?


いえ、幸運体質になりたい方にとっては「意味のある行動」です。


ハッピーアクションにおいては「自分が出したものが全て自分に返ってくる」と考えるので
家に対する思いや波動も全て返ってきます。

家に対する「不平・不満」が多いと「不平・不満」が出やすい状況を引き寄せてしまいます。

また「古い家」「汚い家」などのマイナスの言葉を言うことによって、たとえそれが謙遜だったとしても
住んでいる家も言霊の力でどんどん「古く」「汚く」なってしまいます。


雨露や暑さ・寒さを凌げて安心して眠れるのも「家」があるからこそ。
(普段忘れがちですが、旅行などから帰ってくると「あ~、やっぱり家が一番!」とゴロンと寝そべりたくなりませんか?(笑))


毎日生活を共にし、帰ればいつでもそこにいて受け入れてくれる「家」に、
ちゃんと「ありがとう」の気持ちを持てると不思議なことに自分の生活の基盤も安定してきます。


たとえ、短期間で引越しをする生活を送っているとしても
その時お世話になった家(部屋)を大事に使い、感謝の気持ちを持つことで更に良い家(部屋)とのご縁が出来ます。


波動の法則では同じ波動のものが引き寄せあうので
「家」に対する波動を高く保つことで高い波動の「家」(物件)を引き寄せることが出来るのです。



もし、今住んでいる家に不満があり、引っ越したいと思っている方は
不満を持ったまま家探しをしてしまうと、また不満のある家を引き寄せてしまう可能性が出てくるので
今住んでいる家に感謝し、住みやすくなる工夫を出来る範囲で楽しみながら行いましょう。
その上で理想の家をイメージしたり、紙に書いたりすると幸せな形で夢が叶います。


イメージする時はリアルに思い描くために雑誌を見たりする以外に、
実際に理想の家に近い家(住宅展示場や友人宅など)を見に行ったりして体感することをオススメします。


「もし住むところがなかったら・・」と想像してみると「家」の有難さを思い出すことが出来るかもしれませんね。


家を出る時には「いってきます」
帰ってきたら「ただいま」
寝る前には「ありがとう」

この3つで毎日「家」に感謝の気持ちを伝えましょう。

「いってきます」と「ただいま」は人がいてもいなくても言います。
寝る前の「ありがとう」は聞こえないくらいの小声でもOKです。



ぜひ「家に感謝」の気持ちを持って下さいね♪

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前