朝日記をつける

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0702

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.07.02

朝日記をつける


懐かしの交換日記や5年日記、10年日記・・色々な日記があります。
大体日記をつけるのは一日の終わりで、その日あった出来事や感想などを書くことが多いと思います。

今回オススメするのは「朝日記」です。

「朝日記」は自分にとって大切なメッセージをもらうためのものです。

人は寝ている間に脳の中で一日の情報を整理します。
たくさんの情報を脳の引き出しに整理したり、別の情報同士をくっつけてみたりしています。

スピリチュアル的にも、夜眠っている時間に色々なメッセージをもらい
魂をクリアにしてもらえる大切な時間です。

そうして脳と心と体の疲れがすっかり取れて
クリアになった状態の朝に書くからこそ意味があるのが「朝日記」です。

一日生活するとどうしても左脳を使う機会が多くなるので、出てくる考えも左脳よりになりがちです。
朝一で日記を書けば、まだ左脳は本格的に活動していないので感性の右脳からの言葉が出やすいのです。

これは日記と言っても書くことは何でもOKです。

例えば、

・○○についての解決法
・仕事がより上手くいくためのアイデア
・○○さんの求めていること
・今自分が優先的にやった方がよいこと  などなど・・

これは一例ですが、自分が知りたいことなどを題名で書いてしまいます。
その後は寝起きのボーっとした頭のまま思いつく言葉をどんどん書いていきます。

私も「朝日記」をつけ出してからは、何か気になることがあるとすぐ「朝日記」の題名に書きます。
すると、夜ぐるぐる思考の沼(笑)に嵌っている時には思いもよらなかった様なアイデアや、
「真実だ」と思える様なメッセージがポンポン飛び出し、
実際にすぐに解決してしまうのでその効果にびっくりしています。

この「朝日記」のもう一つのメリットに
夜、考えてもしかたのないことに時間を使わなくなった・・ということも挙げられそうです。

「朝日記」を書く時は
人に見せるものではないので、何の制限も設けず、上手く書こうなどとは一切思わないで書きます。
文章的に辻褄が合わなくても、関係のない言葉が浮かんだとしても、ただ思いつくまま書く・・
これを繰り返すことで、どんどん心の声が出てきやすくなり
自分の質問への答えも明瞭になっていきます。

ぜひ「朝日記」お試し下さい♪

赤井理香(あかいりか)

著者プロフィール

akairika
akairika
ココロスッキリ専門家
赤井 理香 (あかい りか)

『はじめよう!おうちサロン』『「最高の自分」を引き寄せる! 幸運手帳術』著者


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前