浄化の塩風呂

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0329

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.03.29

浄化の塩風呂


様々な人に会い、色んな感情の波の中で過ごしていると、知らず知らずのうちにマイナスのエネルギーを受けることがあります。

そのまま放置していると、疲れやすくなる、運が落ちるなど、好ましくない現実につながることもあるのです。

マイナスのエネルギーをそのままにせず、その日のうちにしっかり浄化することで、常に良い状態を保つことができます。

自分のエネルギーを綺麗にする方法はいくつかありますが、その中で、今回ご紹介する「浄化の塩風呂」は、簡単で継続しやすく、効果を感じやすい方法です。

☆浄化の塩風呂のやり方

やり方は簡単。
塩を小さじ3杯入れたお風呂に、1日の終わりにじっくりつかる

ただそれだけです。

塩は、天然塩であれば、何でもOKです。
精製された塩(99.5パーセント以上塩化ナトリウム)は、他のミネラルが不自然に削ぎ落とされた不自然な塩のため、オススメできません。

☆塩風呂にプラスすると良いもの


塩だけのお風呂に飽きたら、浄化効果を高める以下のアイテムをプラスしてみましょう。

<その1>

・お気に入りの香りのエッセンシャルオイルを塩に数滴落として混ぜた、アロマバスソルトを入れたお風呂に入る。

※使うエッセンシャルオイルによっては、肌にとって刺激が強いものや、柑橘系のオイルのように、光毒性があり、紫外線にあたると肌にダメージを与えるものもあります。
注意書きを読んでから使いましょう。

良い香りを魔を遠ざけます。

<その2>

・塩と一緒にお酒を入れたお風呂にゆっくりつかる。

お酒は、シャンパン、ワイン、日本酒など、何でもOKです。
ボトルを開けたものの、飲みきれなかったワインや、神棚にあげたお神酒などを使うのもオススメ!

お酒は儀式にも使われる昔ながらの浄化アイテムです。

ちなみに私は、
普段は、その日の気分に合わせて選んだエッセンシャルオイルと塩を手おけの中で混ぜて、そのまま溶かしたお風呂に。

人のたくさんいる場所に行ったり、新月・満月など、特に念入りに浄化したい時には、上記にお酒をプラスしたお風呂に入っています。

<その他>
過去に試したものは以下のとおり
(保湿・保温など、健康・美容要素重視)

・牛乳
・米ぬか
・生姜
・ゆず
・みかんの皮の干したもの
・菖蒲
・茶殻
・重曹
・ミョウバン

食べ物系は、ガーゼに入れてからお風呂に入れると、掃除が楽です。

☆お風呂に入る時には


首の後ろには、邪気が溜まりやすい場所があります。

雰囲気の悪い場所に行ったり、悪口や愚痴を聞いたりと、「心地よくないもの」に触れたときには、「肩まで」ではなく「首まで」お風呂につかりましょう。
塩の発汗作用により、そこから汗と一緒にマイナスのエネルギーが出て行きます。

毎日の塩風呂で、身も心も「手軽にスッキリ!生活」はじめませんか?

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前