お金に好かれるお財布

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
1029

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.10.29

お金に好かれるお財布



立春過ぎ、暦の上での春となる季節にむけて…
「春」は冬眠していた虫や動物が目を覚まし、土の中の球根や種も芽を出しぐんぐん成長していく季節です。
季節ごとのエネルギーがあり、「春」は「伸びる」「成長する」「広がる」「緩む」「増える」エネルギーです。
昔から「お財布が張る」の「はる」という言葉からも「春」に新しいお財布を使い始めるのを良しとされていました。
春は財布を買い換えるのにピッタリの季節なのです♪

お財布の寿命は約3年と言われ、3年経つとお金を増やし育てるパワーがなくなるので、もし今お使いのお財布が3年経っているのであれば次の春頃に買い替えをおススメします。
また、金運が今ひとつ・・という方も
新しい風を呼び込むためにも買い換えると良いと思います。

お財布を選ぶ時は自分が使っている状況をイメージし、お財布を手に取る度に幸せな気持ちになる様なものを選びましょう。
お札は折られるのが嫌いなので長財布がおススメです。

購入後、初めてお財布を使い始めるのは午前中の時間にしましょう。
お日様の明るいエネルギーを頂くことが出来ます。
(但し、普段は暗く落ち着くところにしまってあげましょう。)

使い始めの一週間は、お財布の記憶付けの期間です。
多目のお金を入れて、出費をいつもより少なくし、お財布にその豊かな状態を覚えさせる(記憶させる)と良いです。

水気は「お金を水に流す」
火気は「お金を燃やす」
と言います。
水気と火気のある場所にお財布を置きっぱなしにするのは厳禁です。

お財布をお風呂場や台所に置いたり、リビングのテーブルの上に出しっぱなし・・
そんなことのないようにしましょう。

また、お金は整理されてすっきりした状態が好きです。
新しいお財布は「お金に喜ばれる環境」にしてあげましょう。

<お金が喜ぶ幸せなお財布>
・お札や小銭は分類してしまう
・お札が折れていたらちゃんと直してしまう
・お札の向きはそろえ、頭を下にしてしまう
・小銭でお財布がパンパンにならないように定期的に家の貯金箱などに移す
・クレジットカードやスタンプカードなど、カード類を入れすぎない
・普段は手をつけない「いざという時の一万円札」を白い紙に挟んで入れておく
(そのお札のナンバーは358の数が入っていると、なお良いです)
・お財布は汚れがついたらすぐに落とし、常に綺麗な状態に保つ

<お財布の色が持つエネルギー>
・白は「浄化」のエネルギー。
今までの金運が良くなかった場合はリセットし、入って来たお金を浄化して育ててくれます。
・茶とベージュは「貯める」エネルギー。
出費を抑えて堅実に「貯蓄」するのに適しています。
・黒は「維持」のエネルギー。
現在の金運に満足している時はそれを「維持」してくれる色です。
・黄は「収入」と「浪費」のエネルギー。
お金が入ってきますが、出て行く力も働くのであまり強い色ではなく、パステル調がおススメです。
・ピンクは「恩恵」のエネルギー。
人からの恵みによって利益を得やすい色。
但し「虚栄」のエネルギーも持っているので、強すぎる色よりパステル調がおススメです。
・キラキラしたものは幸運を引き寄せるパワーがあるので、センスの良い金・銀のお財布やラメの入ったお財布もおススメです。

真っ赤な色は「燃やす」・真っ青な色は「流れる」エネルギーが強いのでお財布にはあまり適していません。

色のエネルギーを参考にして、選ぶ時は自分の第六感をしっかり使って「幸せなお財布」を見付けて下さいね。
手に取った時「幸せ感」があるお気に入りのお財布を購入し、「お金」にとって居心地の良い状態にしてあげると、どんどん金運は良くなります。

前回の記事にも書きましたが、入って来た時にも使う時にも「ありがとう」の気持ちは忘れずに・・


ぜひたくさんのお金が喜んでやってきてくれる「お金に好かれるお財布」を持って下さいね♪

赤井理香(あかいりか)

著者プロフィール

akairika
akairika
ココロスッキリ専門家
赤井 理香 (あかい りか)

『はじめよう!おうちサロン』『「最高の自分」を引き寄せる! 幸運手帳術』著者


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前