出会いの意味

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
1023

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.10.23

出会いの意味



たくさんの人達がいる中で、出会い、時間を共にした人はあなたにとって「意味のある人」です。
・その時に必要としている人
・自分が力になれる人
・波長のあう人
・その時の学びに必要な人
・深い縁のある人
など理由は色々ですが、今の自分にとって「意味がある」ということは共通しています。

「袖振り合うも多生の縁」という言葉があります。
ここで使われるのは「多少」ではなく「多生」で、何度も生まれ変わること「輪廻転生」を指します。
「道で人とすれ違い、袖が触れ合うようなことでも数多くの前世での縁によるもので「偶然」ではない。」
という意味で、人との絆やご縁の大切さを思い出させてくれる言葉です。

道ですれ違う人でも「縁」があるのなら、
・家族
・友人
・同級生
・同じ職場の人
・同じ地域で交流する人
などはもっと深いご縁でつながっているはずです。

そんなすれ違う以上の関係の中でも、更にその方との「ご縁の深さ」を知る方法があります。

それは・・
「その人に会うことで何らかの感情が強く揺さぶられるかどうか」です。
もし感情が揺さぶられるのだとしたら、出会った人達の中でも自分の人生においてその方は特別な役割・・
意味があるのだと考えて間違えはないと思います。

但し、その感情は必ずしも「快」の感情ではないかもしれません。
・嬉しい
・悲しい
・やる気になる
・腹立たしい
・楽しい
・ドキドキする
・・・様々な感情のどの部分が刺激を受けて揺れたとしても「意味」があります。

「ご縁」の中には、お互い幸せな気持ちになったり、高めあうご縁もあれば、自分の中の課題をクリアーするために出会うご縁もあります。
課題を越えるためだったり、学びのためのご縁は「そんな縁などいらない」と思ってしまうかもしれませんが、長い目で見るとやはり必要なご縁ですし、後から思い返してみると、そういうご縁での学びの方が役に立ったと感じることも多々あるものです。
(私も修行中の身なので、中々その渦中にいる時はそうは思えず「後から」のことが多いです^^;)

そう考えると、たとえ苦手と感じる方であっても、自分の何かを成長させてくれる有り難い存在だと思えるし、大好きと感じる方であれば、自分の側にいてくれることに対して更に深い感謝の気持ちを持つことが出来ます。
最近「この方との出会いはどんな意味があるのかな?」と思うことが多くなりました。
そういう意識を向けると、自然と今学ぶべきことも見えてきて、以前に比べて色々な意味で「気付く」ことが早くなった様に感じますし、「存在自体」に感謝の気持ちを持つことが多くなってきました。

「今」自分の側にいてくれる人達、「過去」自分の側にいてくれた人達を思い浮かべて、「出会いの意味」に意識を向け「ご縁」に感謝し、今までのご縁が更に良いものになり、この先新たな素晴らしいご縁が出来ることをイメージしてみてはいかがでしょう。


きっとお互い高めあえる様な素敵な出会いがどんどん増えていくと思います♪

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前