「上げる↑」

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
1022

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.10.22

「上げる↑」



時折、この「上げる↑」ことの必要性を強く感じます。

何か凹むことがあった時などに「よし、下げよう↓」と思って自ら気分を盛り下げ、落ち込む人はあまりいないと思います。
心配事や落ち込むことがあった時には意識しなくても勝手に気持ちが下向きになってしまうものだと思います。
そんな時は、下がってしまった気持ちを自分で「上げる」ことを意識しましょう。

なぜ「下がったまま」が良くないかと言うと、「下がったまま」にしておくと、どんどん「気」が弱まり、「運」が悪くなってしまうからです。
「上げる」ために一番はじめにすることは「自分で上げる」と決めることです。

気持ちが下がってしまった時は「弱気」(=「気」が弱い状態)になり「誰かに上げてもらいたい」と、人に依存する気持ちがムクムクと出てしまうことが多いものです。
元気な人に会ったり、マッサージやエステ、楽しいおしゃべりなどによって、自分を上げるのは有効な「方法」です。

ここであえて「方法」と書いたのは、自分が選んだ「上げるための方法」として認識するためです。
気持ちが上がらない原因を「人のせい」にしてしまうことは自分のためになりません。

私も誰かにきついことを言われたり誤解されたりして気持ちが下がると、時としてその人(他者)のせいで自分の気持ちが「下がった」と思ってしまうことがあります。
でもよく考えると、自分の気持ちが「下がる」のは「自分のせい」だし、全て「自分次第」だと思えば「上げる」ことだって「自分」で出来るとわかります。
そして経験上「自分で上げる」と決めると自然と上げるための色々な方法が見付かるものです。
(反対に「誰かに上げてもらおう」と思っていると中々その状態から脱出出来ません)

参考までに、今まで「上げる」時に有効だったスリーステップをご紹介します♪

1・まずは「下がった原因」を見つめる。
 ここで「なかったこと」にしてフタをしてしまうと、
 全く別の機会にいきなりそのフタが開いて同じ様な経験をする羽目になる場合があります。

2・「下がった原因」から学べることを一つ見つける。
 転んでもタダでは起きない精神です(笑)
 その時の学びを見つけたら、他の部分はくよくよ考えず天に返してしまいます(イメージで)

3・自分にとって心地よいこと、楽しいことをしたり
 会うと元気になる人、気持ちの良い人と楽しい時を過ごす
 (愚痴などを聞いてもらったり慰めてもらうためではなく、純粋に楽しい時間を共有するために会います)

このスリーステップで「上がる↑」ことが多いです。

他にも
・美味しいものを食べる(特に甘味♪)
・たくさん寝る
・本を読む
・感動する映画を観て涙を流す
・徹底的に掃除をする
なども有効でした。

「上げる」のに効果のある方法は人それぞれだと思いますが、すんなり「上がった」時の状況を覚えておくと、いくつか「上がりやすいパターン」を見つけられると思います。

私の場合はすぐに気分を上げようとアクションを起こすよりは、一度一人で「ど~ん」と落ち込んでしまい、反省点を見つけて区切りをつけてからの方が、短時間で浮上出来ることが多かったです。


皆様のとっておきの「上がる↑」方法がありましたらぜひ教えて下さいね^^
今日も「上がる↑」幸せな一日になりますように♪

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前