色で癒す

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
1022

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.10.22

色で癒す



昔から色には様々な効果があると言われて来ました。
「頭痛の時には頭に紫のはちまきを巻く」
「下半身が冷える時には赤いパンツを履く」
などはよく聞きますし、「カラー治療」と言われるものもあります。

カラーについて勉強していくうちに、色の持つ波動を利用して体の状態を良くする方法を、昔の人達は自然に理解していたのだということに尊敬の念を持ちました。
「頭痛に紫」は頭にある第七チャクラに対応していますし、「下半身に赤」は第一チャクラに対応しています。
※チャクラとは古代インドのサンスクリット語で「光の輪」「回転する渦」という意味で、人体に7箇所(頭上の更に上方をいれると8箇所)あると言われるエネルギーセンターのことです。

このチャクラに対応しているので、カラーを利用して体を整える方法は効果があるのですが、何より「心」「感情」に対してダイレクトにアプローチ出来るのが「色」のすごいところではないかと思います。

傷ついてしまった「心」
閉ざされてしまった「心」
自ら封印してしまった「心」
これらの硬くなってしまった「心の扉」を開くのは「言葉の力」だけでは難しいことも多いものです。

でも「色」のパワーを借りると、相手の方が何も言わなくても「色」が教えてくれたり、色からのメッセージをきっかけにして、不思議な位素直にご自分の中にお持ちの感情を解放させることが出来たりするのです。
これは、マスターカラーセラピストになって数人の方にカラーセラピーをさせて頂いた時に強く感じ「色」の素敵なパワーを実感しました。

カラーセラピーという特別な機会だけでなく
・最近急に好きになった色
・好きじゃないのに何故か目につく色
・見るといやな感情を抱いてしまう色
・ホッとリラックス出来る色
・ギュッと力が入る色
・身に付けることが多い色
・今日、惹かれる色
など、自分がそれぞれの色にどんな感情を持つか、どんな色に惹かれるのか(または選ばないか)に意識を向けると、癒してくれる色がわかったり、自分でも気付かずに封印してしまっていた、どこかに置いてきけりにしてしまっていた「心」に出会えるかもしれません。

今のご自分に必要な「色」を取り入れたり「過去の心」と一緒に封印してしまっていた「色」ともう一度仲良くすることで、心も体も自分自身で癒すことが出来るのだと思います。


身も心も浄化して軽くなるために「色」のパワーを活用してみて下さいね♪

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前