コンプレックスが役に立つ

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
1011

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.10.11

コンプレックスが役に立つ



人は誰でも、触れて欲しくないことの一つや二つはあると思います。
その中でも根深いものの一つに「コンプレックス」があります。

「コンプレックス」というと複合観念なので広い意味を持ちますが、今回テーマにするのは「劣等感」と結びついた「コンプレックス」についてです。
それについて考えると恥ずかしくなったり、知られたくなかったり・・
自分を良く見てもらいたいという気持ちが強ければ強い程、コンプレックスは封印したくなります。

でも、実はそれこそが人が求めるものである可能性は高いのです。
人は、自分とあまりにもかけ離れた存在だと「住む世界が違う」「元が違う」と感じてしまい、感情面で線を引く傾向があります。
でも様々な「コンプレックス」の大元はいくつかに分類され、その一つが自分と共通するものであれば、その線を取り払い、その人の話に耳を傾ける気になってくれる場合が多いのです。

中でもたくさん悩み、苦しむ中で、やっと光を見つけて乗り越えた「コンプレックス」(乗り越える過程であったとしても)こそ、多くの人の役に立ち、心に響くものになります。
その過程で体験したことや悩みが人の役に立ち、未来の自分の役にも立つのです。

私の経験でお話しすると、学生時代の私は劣等感の塊でした。
超マイナス思考・内向的で目立つことが大嫌いでした。
人前で話すことは怖いことでしたし、とりえもないし運もない・・
「なんてツイテないんだろう」と、すぐにネガティブに考えてしまう様な暗い性格でした。
この暗く、内向的な性格について触れられることは胸が痛くなる位、私にとって大きな「コンプレックス」だったのです。

その性格や考え方によってどれだけ損をしているかは自分が一番よく知っていたので、ある時から心・考え方・脳・トラウマ・運・原因と結果などについての本を片っ端から読む様になりました。
その頃はとても生き難かったので、何とかしたい、楽になりたいと思っていたのです。
こうして得た知識の中で、「これは」と思うものを一つずつ試して行く中で、気付いたら大きく変わっていました。
明るく物事を捉えられる様になってきて、運も良くなり、生きることは楽しく・ワクワクすることに変化してきたのです。

そして現在・・
仕事柄日常的にたくさんの方の相談に乗ることの多い今の私を助けてくれているのは、あの劣等感の塊だった暗くネガティブな昔の自分だとはっきり言えます。

なぜなら、最初から明るくて人間関係での悩みも少なく、物事を前向きに考えられる様な性格だったら、人の悩みにここまで心から共感して、親身になって相談に乗ったり、アドバイスをしたりは出来なかったと思いますし、何より、あそこまで熱心にそれらに関する本を読んで学ぶこともなかったと思うのです。(きっと選ぶ仕事も変わっていたと思います)
今も何かあると昔の自分がひょっこり顔を出す時もありますが、それはそれで「愛しい」と思える様になりました。

容姿・家柄・学歴・生い立ち・性格・過去・・・
人によって様々なコンプレックスがあると思います。
中には「これが何かの役に立つなんてとても思えない」と感じるコンプレックスをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
でも、悩みが深い程、それが助けになる人はいると思うのです。
自分の「コンプレックス」と時々けんかしながらも付き合い、受け入れることが出来る様になると、生きるのが格段に楽になります。


人の役にも自分の役にも立つ可能性を秘めている「コンプレックス」
時には優しい目で見つめてあげて下さいね♪

赤井理香(あかいりか)

著者プロフィール

akairika
akairika
ココロスッキリ専門家
赤井 理香 (あかい りか)

『はじめよう!おうちサロン』『「最高の自分」を引き寄せる! 幸運手帳術』著者


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前