光の繭のバリアを張る

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
1005

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.10.05

光の繭のバリアを張る



前回の記事で言葉の持つ波動について書きました。
出会った人の中には「なんであんな言い方するんだろう」と、不思議に思う程言葉に「トゲ」のある人がいるかもしれません。
そんな風に感じる時には実際にその人が言葉を発する度に、先端の尖った槍の様な鋭いエネルギーが出ています。
それをいちいち受け止めてしまうとマトモに鋭いエネルギーを浴びてダメージを受けてしまいます。
その人が「トゲ」のある言葉を発するのは、本当は弱い自分自身や満たされない心の傷を守ろうとしてのことかもしれません。
でも、理由はなんであれ抱えている問題はその人自身のものです。

あなたがマイナスの影響を受ける必要は全くないのです。

相手の言い方やトゲを気にすればする程影響を受けやすくなってしまうので、まずはそれが今の相手の状態・クセだと把握してしまいましょう。
(前回の記事参照)「動揺した時のクセを把握する」
その上で、マイナスの影響を受けないため「光の繭のバリア」を張りましょう。

やり方

1・口から息をゆっくり吐く。
細く長い糸を出す様なイメージ。
吐く息と一緒に体と心の中に残っていたネガティブなエネルギーを外へ出す。

2・鼻からめいっぱい息を吸う。
その時、頭のてっぺんから爪先まで酸素と一緒に明るい金色の光がめぐり、パワーが隅々まで行き渡るイメージをする。

以上を3回位繰り返す。

体と心のネガティブなエネルギーがなくなり、綺麗な光で満たされたら、最後に細く長く光のエネルギーと共に息を吐きながら、光が体の外側に膜を作るイメージをする。

あたたかで明るい光の繭に包まれた安心感をイメージの中で味わい、心が穏やかになるのを感じる。


「光の繭」はプラスの波動は通しますが、マイナスの波動は通しません。
人から受けるマイナスの波動から守るだけでなく、気の進まない場所に行く時にも有効です。

大切なのはやるタイミングです。

マイナスの影響を与える人と「会う前」
気の進まない場所へ「行く前」

など、何かの行動を起こす「前」に行いましょう。

事前に行うことで安心感が生まれ、その波動は自然に周りにも伝わります。
「不安」な気持ちが「不安な出来事」を引き寄せてしまうので「安心」することはとても大切なのです。
事前に「光の繭」のイメージをすることで「バリアの効果」と「安心感」の二つの相乗効果が期待できます。

私は大抵電車や車での移動中にこの「光の繭」のイメージをします。
以前に比べてちょっとのことで動揺することが少なくなり、穏やかな気持ちで一日を過ごせる様になりました。

「光の繭」のイメージに慣れてきたら、「色」のイメージをプラスするのもおススメです。

淡いピンクは優しく包みこむエネルギー
黄色は明るく照らすエネルギー
透明感のあるブルーは思考をクリアにするエネルギー
緑は癒し、穏やかにするエネルギー
紫は慈愛のエネルギー
オレンジは元気づけて健康にするエネルギー

色ごとのエネルギーの大きな特徴は以上の通りです。

後はその日の気分に合わせて一番ピッタリだと感じる「色」をイメージに取り入れることで、色のパワーも受け取ることが出来ます。


良かったら「光の繭のバリア」をお試し下さいね♪

赤井理香(あかいりか)

著者プロフィール

akairika
akairika
ココロスッキリ専門家
赤井 理香 (あかい りか)

『はじめよう!おうちサロン』『「最高の自分」を引き寄せる! 幸運手帳術』著者


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前