イメージの中で自分を満たすワーク

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
1003

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.10.03

イメージの中で自分を満たすワーク



たくさん食べ物を食べるとお腹がいっぱいになります。
たくさん買い物をすると自分の物が増えます。

たくさんの何かを手に入れると「お腹がいっぱい」な状態になり、その欲は満たされます。
でも、いくら「たくさん」手に入れても、ちっとも「満たされない」時があります。

なぜそうなるかと言うと、本当に欲しいものは手に入らないと諦め、代わりのもので満たそうとしているからいつまでたっても、どんなにたくさん手に入れても「満たされない」のです。
本当に欲しいものは別にあるので「満たされない」のは当たり前なのですが、本人の顕在意識では目の前にあるものが「欲しいもの」だと誤って認識してしまっているため、本当に欲しているものは他にあるということに気付いていないのです。

「欲しいものと別のものを求め続ける」のは「幸運」からどんどん遠く離れてしまう行為です。

この「本当に欲しいもの」は物質的なものではなく精神的なものである場合が殆どです。
でも、精神的なものは目に見えないので、余計に顕在意識が見落としてしまうのです。

自分の本当の心に反したことをし続けているといつかどこかに「歪み」が出てしまいます。
「いくら手に入れても満たされない」
「いくら食べても食べ足りない」
と思った時が流れを変えるチャンスです!

「これは本当に私が欲しいものではない」ということに気付き、素直な気持ちで「本当は何が欲しいの?」と自分に問いかけましょう。

静かに自分の内側からジワジワと上がってくる感覚や声に耳を傾けて、イメージの中で自分が欲しているもの(言葉)をたくさん与えてあげて下さい。
「欲しい」と言っているのはあなたのインナーチャイルド(小さな自分)です。

昔、心の奥底から「欲しい」と願いながらも手に入れられなかったものを一番よく知っているのはあなたです。
一番かけて欲しかった言葉をかけてあげられるのもあなただけです。

心の中にいる小さな自分のところへイメージで降りて行って、優しく抱きしめてあげて下さい。
小さいのにとても頑張っていた健気な自分の分身に、「欲しい」と願っているものをたくさんあげましょう。



・・このワークを繰り返しやることで本当の意味で「満たされる」感覚を味わうことが出来る様になっていきます。
表面的な満足ではなく、深いところで癒され、心と体の細胞の隅々まで「満たされる」ことが出来ます。

ただ、深いところまで降りていく必要があるため「キツイ」と感じる人もいるかもしれません。

実際私も初めてやった時は、悲しい思いがリアルに甦るので「キツイ」と感じましたがそれと共に「これは自分にとって必要なことだ」というはっきりとしたプラスの感覚もありました。
自分自身を癒し続けること・満たし続けることは誰にとっても大切なことなのではないかと思います。

それによって本当に欲しているものに気付き、いつまでたっても満たされることのない「代用品」に執着することもなくなっていきます。

休日の前夜、ゆっくり休める時などに「イメージの中で自分を満たすワーク」をやり、湧き上がってくる感情を否定せずに受け止め、小さなもう一人の自分を癒してあげて下さいね。

※あまりにも大きな心の傷を負ってしまった場合や、イメージが出来ないと思い込んでしまっている場合、なかなか小さな自分に会えないことがあります。
そんな時は繰り返し小さな自分(インナーチャイルド)の味方であることを心の中で伝え、イメージで見えなくても自分で自分を抱きしめてあげましょう。

周りを気にする必要のない、誰もいない一人になれる落ち着いた場所ですることをおススメします。

はじめは照れくさくても、何回もやるうちに自分の心の変化に気付くはずです。


具体的なイメージが見えるかどうかを気にし過ぎず、「自分の心を受け止める」「自分自身の一番の理解者になる」という気持ちでワークに取り組んでみて下さいね。

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前