願い事を具体的に書く

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
1003

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.10.03

願い事を具体的に書く



「10年後の自分をイメージする」
「新月に作る夢地図」
「先取り日記」

これらの記事で「願い事」をワクワク楽しみながら考えることをおススメしています。
「願い事」を書く時には「叶いやすい書き方」と「叶いにくい書き方」があります。
同じ「願い事」でも叶いやすくする書き方の「コツ」があるのです。

<叶いにくい書き方の例>
・お金持ちになりたい
・恋人が欲しい
・仕事で成功したい
・有名になりたい
・海外旅行に行きたい

・・これらの書き方がなぜ「叶いにくい」かと言うと、願い事が「漠然」とし過ぎているのです。

「願い事」を叶いやすくするためには「具体的に書く」ことが大切です。
では何を「具体的」に書いたら良いかというと、例えば「お金持ちになりたい」という願いに対しては

・いつまでに
・いくらの収入を
・どんな状況で
・手に入れたいか

ここまで「具体的」に書くことでより実現力が高まります。

例)2012年の3月までにみんなに喜ばれ、自分も幸せになりながら年収一千万を稼ぐことが出来る様になります。など

曖昧な部分のたくさんある地図を手にして目的地と程遠い場所に着いてしまうリスクを負うということは、それに費やした時間も労力も無駄にしてしまい、実際に行きたい場所に着くのを大幅に遅らせます。
手にするまでにはほんの少し時間がかかったとしても、正確で細部まで書かれた地図を手にすることで、結果的に望む場所に早く着くことが出来ます。

「恋人が欲しい」だけの願いでは、自分の求めている人と違う人を引き寄せてしまい、価値観が合わなくて続かない可能性だってあります。
誠実な恋人と友達の様な関係を築いていきたい人もいれば、刺激を与え合い、高めあって行く関係を築いていきたい人もいます。
いつも一緒にいたいと願う人もいれば、恋人になっても一人の時間を持ちたいと思う人もいます。
どんな人とどんな関係を築いていきたいかは一人一人違い、どれが正解という訳でもないと思います。
傍から見て不思議に思えてもお互いが満足していれば「良い関係」なのです。
自分がどんな恋愛を望んでいるのかを「具体的」に書くことで、あなたと価値観の近い「恋人」を引き寄せることが可能になります。

「海外旅行」にしても、どこに何泊位で行きたいか、そこでどんな体験をしたいかまで「具体的」に書き、出来れば写真や動画で視覚化した方が願いは叶いやすくなります。

ただ、具体的に書かなくて良いこともあります。
それが「方法」です。
「方法」に目を向けすぎると「実現しないのでは・・」というマイナスの思いを持ってしまいがちです。
そうすると「実現しないかも」という疑いの思いが現実になってしまいます。

何かを成功させるために「方法」について熟考することが必要な時期はもちろんありますが、「願い事」をする段階では「方法」は天に任せて「願いが叶った状態」を思い浮かべて嬉しい気持ちになった方が願いは叶いやすくなります。

「具体的に書く」方法は、仕事・家庭・恋愛・富・人間関係など、どんな「願い事」にも有効です。
願い事を書く時は「漠然」とした書き方はせずに「具体的」に、よりリアルにイメージ出来る様に書きましょう。
そうすることでただの「夢」が「未来に実現することが決まっている予定」に変わります。
「予定」として「脳」にインプットすることが「願い」を叶える近道です。
そのために大切なのは「期限を決める」ことです。

「いつまでにこうなる」の「いつ」は必ず書くことをおススメします。


ぜひ「願い事を具体的に書く」ことで実現力を高めて下さいね♪

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前