インプットとアウトプットのバランスをとる

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0928

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.09.28

インプットとアウトプットのバランスをとる



情報化社会の現代では、欲すると大抵の知識は手に入ります。
簡単に手に入る分、玉石混淆 なので自分にとって必要な、良いものを選ぶ眼が必要になってきます。

どんどん良い「知識」を取り込んで自分のものにしていくと「成長」「安心」「発展」といったプラスの変化が見られたり、モチベーションをUPさせることが出来たりします。
ところが「知識」を取り込むことを続けているにも関わらず、行き詰る感覚、閉塞感、成長が感じられずいつまでも同じ場所に留まっている様な気持ちになってしまうことがあります。
こうなるのは「インプットとアウトプットのバランス」が取れていないことが原因となっていることが多いのです。

今までの記事にも書いてきましたが、新しい良いものを入れるためにはそのための場所を開ける必要があります。
「変化」は自然の摂理なので「運」「体」「風水」「気」「心」など、どんな分野においても当てはまります。
ただ「入れる」だけでそれを流す道を作らないと、汲み置いた水が腐ってしまう様に淀み、濁ってしまいます。

「知識」においては新しく流れてくる水が「インプット」、その先へ流す水が「アウトプット」です。

ためになる知識を自分のところで止めて自分だけのために使うよりも、必要とする誰かの元へ流す方が、更にためになる「知識」や「良い流れ」を自分の元へ引き寄せることが出来ます。
また、脳の観点から見ても一番脳にしっかりインプット出来るのは「人に教えた時」です。
人に伝えることで、自分の中だけで「良い」と思っているよりも更に深いところへその知識を届けることが出来るのです。

「アウトプット」するもう一つのメリットとして「自分と波動の合う人や出来事を引き寄せる」という利点があります。
「アウトプット」という行為によって、外へ向けてエネルギーのボールを投げているのと同じになります。
すると、そのボールをキャッチしてくれる人が現れたり、それに伴う出来事があったりします。
良い悪いに関わらず、自分が外へ向けて働きかけた結果は必ず返ってきます。

「プラスの働きかけ(原因)」は「プラスの反応(結果)」を連れてきます。
純粋な気持ちで「アウトプット」をすると、その波動に合う素晴らしい人たちや出来事があなたの近くにやってきます。

あなたが伝えた知識が伝えた人全てにとって役に立たなかったとしても、その中の一人でも二人でも「聞いて良かった」と思う人がいます。
それだけで充分意義のあることです。

「知識をインプットしているけど、何だか使いこなせてない気がする・・」
「最近自分が前に進んでいる感じがしない・・」
という方は、もしかしたら「アウトプット」が必要な時期なのかもしれません。


人の役にも立って、自分にとってもプラスになる「アウトプット」を意識的に行い「インプットとアウトプットのバランス」を取って下さいね♪

赤井理香(あかいりか)

著者プロフィール

akairika
akairika
ココロスッキリ専門家
赤井 理香 (あかい りか)

『はじめよう!おうちサロン』『「最高の自分」を引き寄せる! 幸運手帳術』著者


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前