受け取ることを許す

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0926

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.09.26

受け取ることを許す



「お願い事をしたり、目標達成のための努力はしているのに中々思う様な状態にならない・・」
という方はもしかしたら「受け取ることを許していない」のかもしれません。

「幸せになりたい」
「もっと成功したい」
「手に入れたい」
と願っていても、心の奥底で「受け取る」準備が出来ていないと、せっかくの「チャンス」が来ても気付かなかったり勇気が出なくて手にすることが出来なくなります。

誰でも「幸せになりたい」という思いはあるはずなので、まさか自分がそれを拒絶しているとは顕在意識では自覚していないかもしれません。
でも、深層心理で本当は「受け取る」ことを許していない場合は表層意識でいくら願っても手に入れるのが難しくなります。

「受け取る」ことを許していない深層心理では

「幸せになりたい。・・でもそんな資格がない」
「成功したい。・・でも今はまだ早い」
「手に入れたい。・・でもそれに見合う自分ではない」
こんなネガティブな感情が勝手に「幸せ」の「受け取り拒否」をしている可能性があります。

完全に「幸せ」になるのを否定している訳ではなく、今の自分に自信がないため「望むものを堂々と手に入れられる自分になったら受け取ろう」と思っているのです。
そのため、本人は「幸せを望んでいる」のだから「受け取ることも許しているはず」と錯覚してしまうのです。

でも、よく望む状態を手に入れている方のお話を聞くと、決して完璧な状態になってから手に入れた訳ではなく、「手に入れてから勉強したり、縁が広がったりして今の状態になった。」という方が圧倒的に多いのです。
と、言うことは「完璧な自分」になるまで「受け取れない」というのはただの「思い込み」に過ぎないのです。

今はまだ「受け取る」自信がない・・とつい思ってしまう時は、そもそも「完璧な自分」など存在しないことを心に教えてあげましょう。
「今は無理だけど、これが出来る様になったら受け取れる」
「今の私ではその資格はないけど、こうなったら受け取れる」
と、何かが出来たら・・と先延ばしにしてしまうと、今度それがクリアしてもまた別の課題を見付けてしまい、いつまで経っても「受け取ることが出来るいつか」はやってきません。
矛盾している様ですが、人は不完全だからこそ生まれるし、一人一人がそのままで充分魅力ある存在です。

「こうあらねばならない」という価値観は今まで生きてきた中で親や世間から受けた影響で作られたものが多々あります。
その中にはこれからの人生にプラスに作用しない「思い込み」も含まれています。
「こうあらねばならない」
「そのままの自分では受け入れられない」
これらもそんな「マイナスの思い込み」の一つです。

もし、この「マイナスの思い込み」を自分の中に見つけたら「手放して」自分を「解放」してあげましょう。
「受け取る」のに必要なのは、「受け取ることを自分で決める」だけです。
「こうなったら・・」と先延ばしにしないで「今」受け取ることを許してあげて下さい。

ある作家さんは、縁のあった出版社の方から「○○について書けるか?」と聞かれ、全くその知識がなかったのにもかかわらず「書けます!」と即答し、それから猛勉強してそれに関する記事を書いたそうです。
それがきっかけで今では有名になり、その分野以外の本もたくさん出されています。
その時に「これはチャンスだ!」と思って「受け取ったから」今があるのであって、もしその時「自分はその道のプロじゃないし、書く資格がない」と思って断ってしまったら今の状態はないかもしれません。

以前の記事に書きましたが「幸運の女神には前髪しかない」のです。
参照記事「チャンスをつかむ」

意識の高い方こそ幸せになって欲しいのに、その向上心の高さが時には自分への必要以上の要求になってしまい「こんな自分ではまだまだだ・・」と「受け取りを拒否」してしまう傾向があるのも事実です。
「自分はまだまだ成長するけど、その間にやってくる恩恵も有り難く受け取る」と、「受け取る」ことを許してあげて下さい。
充分頑張っている自分も認めてあげて「受け取る」ことを許した時、今まで判子を押してもらえず送り返されていた、たくさんのプレゼントが手元にやってくるかもしれません。


ぜひ「幸せ」を「受け取ることを許して」たくさんのプレゼントを受け取って下さいね♪

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前