喉と言葉に効く塩うがい

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0915

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.09.15

喉と言葉に効く塩うがい



「幸運体質」と切っても切り離せないのが「言葉」です。

その人が使っている「言葉」が「未来」や「性格」「雰囲気」など様々なものを作り、同じ様な「言葉」を使っている人を引き寄せます。
よく「育ちが良い」と言いますが、これは実際にお金持ちの家で箱入り娘(息子)で育ったかどうかよりも、その人の使っている「言葉」や「しぐさ」で判断されることが多いものです。
自分の発した「言葉」は「音」として聞こえなくなってからも、自分の周りを漂っています。

「悪口」「妬み」「ヒガミ」「嫉み」「汚い言葉」などの「マイナスの言葉」を使ってしまうと、その「言葉達」は言った人の周りを漂い「マイナスの言葉」を使った人のオーラを曇らせます。

逆に「ありがとう」「嬉しい」「幸せ」「楽しい」などの「愛」と「感謝」に溢れた「プラスの言葉」を使うと、キラキラと光る「プラスの言葉達」は言った人のオーラを更に輝かせます。

何となく「雰囲気の良い人」というのは、自然と「プラスの言葉達」をたくさん使っています。

でも、完全に「マイナスの言葉」をゼロにすることは難しいですよね。
思わず言ってしまったり、言いたくなることは誰にでもあると思います。

そんな時にマイナスの作用を消す働きがあるのが「塩うがい」です。

やり方はカンタン

1・コップに海水塩を3つまみ入れて水を注ぐ
2・上を向いてうがいをする
この時、喉の奥が縦横によく開く様に「オー・エー・ウー・イー・アー」と言いながらする
3・以上を繰り返し3~8回する


「塩うがい」をする時は
・サラサラの合成塩(ナトリウム塩)ではなく、自然塩を使う。
・「塩うがい」をやっているところは人に見られない様にする。
この2点に注意して行いましょう。

この「塩うがい」をすることで、喉のチャクラを浄化して「プラスの言葉」が自然に出てきやすくなります。
自分の発してしまった「マイナスの言霊」を打ち消す力もありますし、人から受ける「マイナスの言霊」を浄化する作用もあります。

喉がイガイガしたり、詰まった様な感じになる時や、咳が出やすい時は「喉のチャクラ」が閉じてしまっている可能性があります。
そんな時にもこの「塩うがい」をすることで詰まりを流してあげることが出来ます。

喉のチャクラを浄化してクリアに保つことで、喉のチャクラが司るコミュニケーション能力がUPして、人間関係も良好になっていきます。


ぜひ手軽に出来る「塩うがい」で喉のチャクラを浄化し、「良い言霊」の力を実感して下さいね♪

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前