体感してみる

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0815

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.08.15

体感してみる



自分が望む状態をはっきりさせることの重要性を今までの記事
「自分との対話」 、「優先順位を決める」 の中でお知らせしてきました。

自分の望みがはっきりしたら、次にすることは「望むこと」と縁の深い場所に「自分の身を置く」ことです。

今はネットでたくさんの情報を手に入れられるため、ネットの中で「疑似体験」をしたかの様な錯覚を起こすことがあります。

でも「実際の体験」と「疑似体験」には大きな隔たりがあります。
その場に行って体で感じなければ分からない「空気感」があるのです。

よく全く興味のなかった人が一度舞台を見に行くとすっかりはまってしまったり、友達にチケットをもらってたまたま行ったコンサートですっかりその歌手のファンになってしまう・・ということがあります。

真近で受ける出演者達のエネルギーや会場を包む独特の一体感などは、映像として画面を通してでは決して感じることは出来ないものです。

そのエネルギーに圧倒されてはまってしまう人がいるのも頷けます。

これは舞台やコンサートなどに限らず、どんなことにでも言えます。

「独立して成功したい」と思っている人が2人いるとして、一人は頭の中で考えているだけで自分の身を置いているのはその分野とは程遠い環境。

もう一人は仕事は全く違う分野だけど、休日を利用して独立に役立つための勉強会に参加してみたり、同じ志を持つ人達の集まる場に行ってみたり・・と積極的に「縁のある場所に身を置く」行動していたとしたら、やはり後者の方が早く望む状態を手に入れられる可能性は高まります。

人脈が広がったり、チャンスが増える・・という実際的なプラス面ももちろんありますが「肌で感じる」ということのメリットが一番大きい気がします。

一度その空気を「肌で感じる」とその後にする「イメージ」はより具体的で「熱」を帯びたものとなります。

全く「望む状態には縁がない環境」にだけ身をおいて「イメージ」していた時と比べ、その「リアルさ」は格段にUPするはずです。

・なりたい「憧れの人」がいたら、その人のライヴや講演会に行く
・一流の料理人になりたければ一流のお店で食べてみる
・繁盛するお店のオーナーになりたければ、実際に繁盛しているお店に行き、そのサービスを受けてみる
・目指す分野で成功している人達が参加するような集まりがあれば、行ってみる
・今の仕事でもっと結果を出したいと望んでいたら、結果を出している先輩の近くにいる様にしてみる
・穏やかで幸せな家庭の奥様・旦那様になりたければ、それを実現している知り合いのお宅にお邪魔させて頂く
・自分の望んでいる分野での募集を見付けたら、応募・参加してみる

など、とにかく実際「行動」してみて、その結果や受けた印象がどの様なものだったとしても「一旦自分の中に取りこんでみる」ことが大切です。

私は、今の仕事で「もっと惹き付ける、参加してくれた人が幸せな気持ちになるようなレッスンをしたい」と望んでいました。
そして、それを「体感する」機会があったのです。

それは全く関係のない場所「お寿司屋さん」でした。
以前よく行っていた回転寿司のお店なのですが、久しぶりに行ったらお客様は次々入り、とても活気があるお店に変わっていたのです。

以前 「お店選びは雰囲気で決める」 という記事を書きましたが、そのお店の「場」のエネルギーが、明るくて暖かくて軽いのを体で感じました。

お店に入った時の店員さんたちの声かけも、以前に比べて格段に明るく元気で感じのよいものでした。

だけど、実際にはお店の内装などは何一つ変わってはおらず、変わったのは「店長さん」一人でした。

席に座って注文すると、店長さんが必ず目を合わせて笑顔で受け答えしてくれ、すぐに出してくれました。
(ちなみに以前は注文したのに忘れられていた・・なんてこともよくありました)

お客様の数は以前入った時に比べてかなり多くなったのにも関わらず、細部までその店長さんが目を行き渡らせて、店員さんへの指示も的確に出していました。

店員さんに対しても笑顔で、言葉遣いは丁寧なままだったのにも好感が持てました。
働いている人達も以前に比べて、楽しそうに生き生きと働いている印象を受けます。

そして何より、忙しく動き回りながらも笑顔を絶やさないこの店長さんから「本当にこの仕事にやりがいを感じていて、楽しんで仕事をしているんだろうな~」という印象を強く受けたのです。

丁度自分の仕事でのあり方をより良くしたいと願っていた時にこの店長さんと会うことが出来たのは私にとって、とてもラッキーなことでした。
(もちろん、店長さんはただお寿司を食べていた客がこんなことを考えているなんて思いもよらないことだと思いますが・・笑)


この日「体感した」ことで

・自分が心から「楽しんで」その仕事をやっていると、その波動は周りに広がって「場」のエネルギーを高めることが出来る

・相手に「幸せな気持ちになってもらいたい」というのはどんな仕事にも共通する意識ではないか、そうなってもらうための出来うる限りの努力をする気持ちが「プロ意識」なのではないか

この二つが深く「心」に入っていきました。


これはあくまで私が感じてキャッチしたことなので、同じ場所にいても、人によって全く違うものをキャッチするかもしれません。

それこそが「体感する」ことの大きな意味です!

誰かの感想や得たものを聞いたり、活字になったりしたものを見ることは出来ますが、あくまでもそれは「その人のキャッチしたこと」でしかありません。

今の自分にとって一番必要なものをキャッチするには「自分でその場に行って体感する」しかないのです。

「体感してみる」ことで深いところで納得できる答えが見付かったり、望む状況をリアルにイメージすることが出来るようになり、より早く望む環境を手に入れることが出来たりします。

「体感したこと」をより深く深層意識にインプットするには「体感」してからあまり時間が経たないうちに、その状況を「イメージの中でリプレイ」しましょう。

せっかく「体感」したことも、そのままにして月日が経ってしまうと少しずつ薄れていってしまいます。
出来れば「体感」した当日の夜、寝る前に もう一度その状況や空気感を思い出して「イメージ」の中で味わって下さい。
そうすることで、より深く深層意識にインプットすることが出来ます。

また、一度しっかり脳内で「リプレイ」することが復習の様な役割を果たし、その時の記憶がよりはっきりしたものとなって残ります。

「体感」したことを「イメージ」することで「消化」してくのです。

その意識を持って、幸せな気持ちに浸りながら「体感」したことを「イメージの中でリプレイ」することをおススメします。


ぜひ「体感してみる」ことでたくさんのプラスを受け取って下さいね♪

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前