終わりにする選択肢

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0729

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.07.29

終わりにする選択肢



人と会った時、言葉のコミュニケーションの他に、見えないエネルギーの交換もしています。

言葉を交わさなくても、その人のエネルギーを感じて「印象」として記憶に残ることはよくあります。

このエネルギーは見えないだけでアッチコッチ飛び交っているので、
人混みに弱い方などは敏感にこのエネルギーに反応してしまうため、たくさんの人達の雑多で多様なエネルギーに疲労してしまい、
気持ちが悪くなってしまうことがあります。

そして人を好きになるのも、実は「エネルギーに惹かれてる」ことが大きな理由になるのです。

この「エネルギー」は大きければ良くて、小さいと良くない・・
という単純なものではありません。

いくら大きくても「私が、私が」と、我を無理やり通そうとする「エネルギー」には疲れてしまう人もいるし

小さい様でも暖かくて受け入れてくれる「エネルギー」に癒しを感じる人もいます。

「エネルギー」と一口に言っても色も種類も様々です。

人に惹かれる時、エネルギー的には二つの理由が考えられます。


・一つは「自分に近いエネルギー」を持っている場合

・もう一つは「自分にはないエネルギー」を持っている場合

前者は自分に近い空気感や雰囲気に親近感や安心感を覚え、好きになります。

後者は自分にない部分に魅力を感じて好きになります。

そして、波長の法則により、どちらも自分に近くて、ちょっと上のエネルギーを持つ人に惹かれることが多いようです。

この様に「人に惹かれる」時には同性・異性を問わず「エネルギー」の影響を受けています。


ほぼ、今あなたを取り巻く人間関係は「波長の法則」によって、あなたの「波長」と「エネルギー」に合う人が引き寄せられています。

ただ、時として全く自分の「波長」に合わないコミュニティに入ってしまったり「波長」が違う人との縁が出来る場合があります。

それはレベルをUPするための試験だったり、本当に合う人を知るための機会だったり・・と、理由は人によって様々です。


そして、その理由のひとつには、先ほどご紹介した「惹かれる理由」の中の

「自分にはないエネルギー」に魅力を感じて惹き付けられた結果

全く合わない相手との縁を作ってしまうケースがあります。


その関わりの中で気付きがあったり、得るものがあればその縁も大切にしていけば良いと思いますが

「言葉や身体的な暴力を受ける」「常に人の悪口など、聞いていて心が暗くなる話題しかしない」など
明らかに自分にとってマイナスしかもたらさない・・と思われる様な関係だとしたら、
思い切ってその関係を「終わりにするという選択肢」についても考えるべきです。

あなたの大切なエネルギーが「負」に吸い込まれている可能性があるからです。

そうするとエネルギーバランスは崩れ、
自分に自信がなくなったり、気力が沸いて来なくなったり、心が晴れない状態が続いたりします。


「終わりにした方が良いと思われる相手」には以下の特徴があげられます。

・自分の心と体を傷付けられる
・全く誠意と愛情を感じられない
・会った後の疲労感が強く、力が入らなくなる
・蛇っぽい、じっとり、ヌメヌメした様な陰湿な印象を受ける
・何かとコントロールしようとする
・生気がなかったり、逆に異様にギラギラしていたりと、違和感を覚える「目」
・聞いていて気持ちが沈む様なマイナスの言動しかしない

当てはまる項目が多いほど「終わりにした方が良い相手」である可能性が高いです。


今まで自分で意思決定出来ずに流されることの多い人ならば、
自分の意思で「終わりにする」ことこそ「学び」である可能性もあります。

「縁」を大切にするということは、「縁」が切れない様に無理やり繋いでいくことではありません。

優しい方ほど「終わり」にすることに対して強い罪悪感を抱きがちですが、

この世に修行しに来た魂同士が出会い、その相手との学びを終えて、また新たな学びのステージに行く・・
と考えると、けして罪悪感を抱くようなことではないと思うのです。

優先的に守るべきなのは自分自身です。

誰にとっても「心地よい、近い波長・エネルギーの仲間」はいます。


もし、自分のエネルギーが「負」に吸い込まれていると感じたら「終わりにする選択肢」こそが、お互いにとっての「幸せな選択」かもしれません。

赤井理香(あかいりか)

著者プロフィール

akairika
akairika
ココロスッキリ専門家
赤井 理香 (あかい りか)

『はじめよう!おうちサロン』『「最高の自分」を引き寄せる! 幸運手帳術』著者


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前