夢中になる時間

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0726

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.07.26

夢中になる時間



時には、遊び心を持ってアクティブに動き、創造力を発揮してみましょう。

小さい時の一年と大人になってからの一年では、「時間」の流れるスピードが違うと感じませんか?

小学生の頃の一年は長く、大人になってからは短く感じる方が多いのではないかと思います。

人生経験の少ない子供は毎日が「発見」の連続ですが、大人になるにつれて一度は経験したことのある出来事が増えていき、「新しい経験」「発見」という「脳への刺激」が少なくなるためだと考えられます。

これはある程度は免れないことですが、ともすると

昨日と同じ様な今日、先週と同じ様な今週、先月と同じ様な今月、去年と同じ様な今年・・・となりかねません。

「経験のあること」に対しては積極的になれても「初めてのこと」には消極的になってしまう・・
という方は特にこの傾向が強くなります。

そうなると「脳」への刺激が少なくなり、神経細胞と神経細胞を繋ぐ役割を持った「シナプス」が退化してしまいます。
「シナプスの退化」=「能力の退化」を意味します。

これを防ぐには新しい刺激を与えてあげることです。

そして、もう一つのキーワードが「夢中」です。

子どもに興味を惹く新しいおもちゃをあげると瞳をキラキラさせて夢中になって遊びはじめます。

この「夢中」になることが大切なのです。

子どもの頃に「夢中」になって遊んでいて気付いたらすっかり暗くなっていて、帰ってから親に怒られた・・
そんな経験はありませんか?

大人になってからも時間を忘れる位「夢中」になれるものがあれば、「脳」にとって良い刺激が与えられ「吸収力」をはじめとする色々な能力の向上が望めるだけでなく

・生き生きとした「瞳の輝き」
・旺盛な生命力
・純粋さ
・オーラの輝き
・夢への推進力
・思考の柔軟性

この様な子どもの頃に持っていた良い面を復活させ、更に伸ばす効果が期待出来ます。

日常の中では、どちらが得かを考えて行動したり、自分の行動を規制したりと「左脳」で物事を考えることが多くなります。

「理性」を司る「左脳」の働きも もちろん大切ですが、バランス良く「脳」を使う意味からも、「夢中になる時間」をつくって「右脳」を活性化してあげることは大変重要です。

「夢中になる」ことで以前の記事にも書いた神経伝達物質の「ドーパミン」も分泌されます。
「ドキドキ・ワクワクのイメージ」

これによって「顔に艶がある」状態になります。

「顔に艶」があるのは「福顔」なので「幸運」を引き寄せる力も強い状態です。

「生きがい」「幸運」「能力UP」「瞳の輝き」「気力の充実」・・

「夢中になる」ことにはたくさんのメリットがあります。


もし夢中になれるものが見付からない時は昔を思い出しましょう。

今まで生きてきた中で、いっときでも「楽しいと感じたもの」を思い出してみるのです。

何らかの事情で今はやっていなかったことだとしても、それがあなたの「ツボ」である可能性は高いです。

・昔はプラモデルを作るのが好きだった
・そういえば、あの授業だけは眠くならなかった
・部活でやってたスポーツ、機会がなくて出来なかったけど仲間がいたらやってみたい
・実家にあったピアノ、引っ越して全く弾かなくなったけど時々懐かしく思い出す
・子どもの頃は絵を描くのが好きだった。時間がなくて今は描いてないけど
・頼まれて行事で撮った画像の編集をやったら喜ばれた・・あの時は嬉しかったな

などなど、どんなことでもOKです。
良い記憶とともに甦るものだったら、今も「夢中」になれる可能性を秘めています。

時々、やる前から「やってみて夢中になれなかったら・・」「続けられないかも」と、先のことまで心配してしまう方がいます。

でも、そもそも「今までの生活」の中にはなかったこと・なかった時間です。

そう考えると、何のリスクもないことに気付きます。

もしやってみて楽しめなかったら別のことを試してみればいいだけです。

「やってみて」はじめてそれが「夢中になれること」か「そうでない」かが分かるのです。

やらなければ、いつまでも頭の中だけで考えるしかないことでも「やってみる」ことで「ちがう」と分かれば
次に進むことが出来ます。

こう考えると「夢中になれる可能性のあること」をとりあえず「やってみる」という行為は

「ノーリスク・ハイリターン」

やれない理由はないかと思います。


「昔」をヒントに、まずはちょっとでも気になったら「やってみる」ことで「夢中になれるもの」を見付けることが出来ます。

ぜひ、生活にハリが出て心が上向きになるような「夢中になる時間」をつくって、
時には子どもの様に時間を忘れて楽しんで下さいね♪


赤井理香(あかいりか)

著者プロフィール

akairika
akairika
ココロスッキリ専門家
赤井 理香 (あかい りか)

『はじめよう!おうちサロン』『「最高の自分」を引き寄せる! 幸運手帳術』著者


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前