イメージする

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法

2016
0722

テーマ: 幸運の波に乗ってスイスイ幸せになる方法|2016.07.22

イメージする



小さい頃、もし魔法が使えたらこうなりたい・・と願ったことはないですか?

・お金持ちの家に生まれて好きなものをたくさん買いたい
・すごい美人(美男)になりたい
・頭がよく、努力しなくても勉強が出来るようになりたい
・空が飛べるようになりたい
・抜群の運動神経の持ち主になりたい

私は小学校の朝礼の校長先生の長いお話の時には必ずイメージで空を飛んでいました(笑)


子どもは大人よりも様々な事柄に対する概念が少なく、柔軟な考え方が出来るので「イメージ」も得意です。
小さい子達の「ごっこ遊び」を見ていると、そのイメージ力のリアルさに驚くことがあります。

ある男の子は完璧に正義のヒーローです。
小さい口から発する言葉はとても頼もしく、どんな敵が現れても守ってくれそう。

ある女の子は幸せな家庭のお母さんそのものです。
「あらあらだめよー」と注意するその口調はその子のお母さんそっくり(笑)

ほんと、俳優顔負けです。


「イメージ」=「想像」は例外なく、全員が日常的にしています。

「梅干」と聞いて唾液が出るのも、食べた時のすっぱさを「イメージ」しているからこそだし、「今日のお昼は牛丼にしようかな~」と思った時もすでに「イメージ」しているのです。

「イメージ」自体は能力のあるなしに関係なく、誰もが日常的にしているのですが、人によって差が出るのは、その「自由度」です。

子どもの頃は自由に「イメージ」出来ていたことが、大人になるにつれて「常識」「現実」に囚われてしまい「自由度」が低くなる傾向があります。

ネガティブな感情が強くなると「どうせ無理だけど」「ま、夢の話だけど」などと「イメージ」と同時に「打ち消しの言葉」を思い浮かべてしまいがちです。
そうすると、せっかく素敵な「イメージ」をしていたのに「打ち消しの言葉」によって無効にしてしまうというもったいないことをしているのです。

本来「イメージ」に制限は要りません。

自分に都合の良いことだとしても、今の自分から遠く思えることだとしても「イメージ」するのは自由です。

意識的に「イメージ」することのプラス面はたくさんあります。

・思う通りの現実を引き寄せる力が強まる
・「イメージ」したことが叶う経験を積むことでどんどんプラス思考になる
・何か習得したいものがある場合「イメージ」を使うことで早く上達する(イメージトレーニング)
・脳は「現実」と「イメージしたこと」の区別がつかないので脳と体はイメージに反応する
・これを利用すると「脳内ダイエット」も可能。美容に効果あり
・自分にとって幸せなイメージをすることは脳にとっても「快」なので体と心によいホルモンを分泌してくれる
・「イメージ力」が鍛えられ、望むものが手に入りやすくなる
・事前に「イメージ」で経験が出来るので本番に強くなる
・学習、仕事、運動面などでの能力がUPし、成果が出やすい
・体の浄化のイメージを取り入れることで健康でいられる

一例を書きましたが、まだまだ「イメージする」ことのプラス面はたくさんあります。

誰もが日々必ずしている「イメージ」ですが、思いのほか大きな力があることを忘れて、ただ漠然と無意識に「イメージ」していると、「ネガティブなイメージ」に偏り、それを現実化してしまうことになりかねません。

どうせ日々必ずする「イメージ」なら、意識的に「ポジティブなイメージ」をした方が「幸せ」を引き寄せられます。
意識的に「イメージ」すると良い時間は寝る前です。

寝る前の時間はリラックスしてアルファー波が出やすい時です。

アルファー波はイメージするのに最適な脳波で、その時のイメージは脳の深いところまで届きます。

この脳波の時にイメージしたことは現実化されやすいとも言われています。

これは、「ネガティブ」「ポジティブ」両方の「イメージ」に対して言えることなので、寝る前にくよくよと思い悩んだり、起こって欲しくないことを心配してイメージしてしまうのは良くありません。

それを現実化してしまうからです。

寝る前は「こうなって欲しい現実」や「夢」「楽しいこと」を思い浮かべて幸せな気持ちで眠りましょう。

そうすれば心と体にもよく、幸せな現実を引き寄せてくれます。


ぜひ、楽しく、幸せな「イメージ」をたくさんして下さいね♪

赤井理香(あかいりか)


赤井理香だより

月に数回、不定期でお届けする無料メールマガジンです。

メールアドレス
お名前